ブログ

2020.07.27

胸郭出口症候群に対する当院の治療方針

こんな症状に悩んでいませんか?

・腕や手の痺れる

・手先が冷たくなる

・肩や腕がだるい

・手に力が入りにくい

 

当院には、胸郭出口症候群でお悩みの方が多く来院されて、

改善している事例が数多くあります。

 

胸郭出口症候群は放っておくと、

手の痺れるが酷くなり、日常的に支障がでることがあり注意が必要です。

 

胸郭出口症候群でお悩みの方は、

一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

胸郭出口症候群に対してどのような処置をしてきましたか?

整形外科では、湿布薬の処方安静にするように言われることが多いです。

接骨院では、肩首まわりのマッサージ電気治療ストレッチが一般的な施術になります。

 

当院での胸郭出口症候群に対するアプローチ

胸郭出口症候群は鎖骨の下に通る神経や血管を

圧迫されて症状が出てくると言われています。

 

猫背や背骨の丸まりが強くなると、圧迫が強くなり症状が強くなります。

陽ので接骨院北新宿院では、『全身を診て、局所を治す。』を大切にしています。

 

そのため、股関節や骨盤、背骨からアプローチして関節の動きを出していくことにより、

猫背や脊骨の動きを改善していくと圧迫が軽減していきます。

 

そして、人のからだは筋膜で全身が繋がっています。

腹部や下肢などからアプローチすることで、痛みなく改善していくことが多いです。

 

もしあなたが胸郭出口症候群でお悩みなら、

1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

 

 

 

 

2020.07.26

変形性股関節症に対する当院の治療方針

こんな症状に悩んでいませんか?

・歩行時に痛みがある。

・階段の昇り降りが辛い。

・歩き始めや立ち上がりなど1歩目が痛い

・動かし始めが痛い

・ズボンや靴下を履くときに辛い。

 

 

当院には変形性股関節症でお悩みの方が多く来院されて、

改善している事例が数多くあります。

 

変形性股関節症は放っておくと、

介助がないと歩行が困難になってしまう事もあり注意が必要です。

 

変形性股関節症でお悩みの方は、

一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

 

 

変形性股関節症に対してどのような処置をしてきましたか?

整形外科では、湿布や痛み止め薬の処方安静にするように

言われることが多いようです。

股関節の変形がひどい場合は、手術を勧められます。

 

接骨院や整体院では、股関節周りのマッサージ電気治療ストレッチが一般的です。

軽い症状の場合は変形性股関節症が改善する場合もありますが、

症状にあまり変化が出ずに悩んでいる方も多いようです。

 

 

 

当院での変形性股関節症に対するアプローチ

 

陽ので接骨院北新宿院では、『全身を診て、局所を治す。』を大切にしています。

股関節膝関節足関節を下肢の関節は連動して動きます。

そのため、膝関節や足関節の可動域を出していくことで、股関節の可動域が広がり改善していきます。

 

そして、人のからだは筋膜で全身が繋がっています。

変形して関節の隙間が狭くなっているところを無理やり動かしてしまうと痛みが増悪してしまうこともあります。

そのため、股関節から離れた肩や足などアプローチをすることで、痛みなく改善していくことが多いです。

もしあなたが変形性股関節症でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

 

2020.07.16

ばね指に対する治療

こんな症状に悩んでいませんか?

 

指を曲げるとひっかり伸びなくなる

・指に痛みや熱がある

・指が太くなっている

 

当院にはバネ指でお悩みの方が多く来院されて、改善している事例が数多くあります。

バネ指は放っておくと、指が引っかかったままで伸びなくなって指を使う細かな作業に支障が出てしまいます。

バネ指でお悩みの方は、一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

 

バネ指に対してどのような処置をしてきましたか?

整形外科では、痛み止め薬の処方や安静にするように言われることが多いようです。

引っかかりがひどい場合は、手術を勧められます。

接骨院や整体院では、関節周りのマッサージ電気治療ストレッチが一般的です。

 

 

当院でのバネ指に対するアプローチ

当院では局所の治療に「超音波」を使用します。

厚く肥厚した健に対して1秒間に数百万回の振動をあたえることにより、

腱と腱鞘の滑りをよくして、引っかかり改善していきます。

 

 

陽ので接骨院北新宿院では、『全身を診て、局所を治す。』を大切にしています。

人のからだは筋筋膜で全身が繋がっています。

腹部の緊張や股関節の硬さから肩腕、指と連動して症状を出すことがあります。

そのため、離れた股関節や下肢からアプローチをすることで、痛みなく改善していくことが多くあります。

 

 

もしあなたがバネ指でお悩みなら、1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

BLOG Facebook