ゴルフ肘について

ベテランのゴルファーではなく初心者から中級者レベルのゴルファーに多いことや中高年なども注意が必要です。

中高年以上の場合はゴルフ愛好者も多いわけですが、加齢で筋力の低下や柔軟性の衰えなどが起きているケースがあるので、これらが原因でゴルフ肘になることも珍しくはありません。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘の原因についてですが、ボールを打つときに肘に無理がかかった状態でスイングを続けていると起きる、体全体を使わずに手先でスイングを続けているなど、これらはゴルフ初心者のスイングに見られることが多いため一般的にゴルフ肘は初心者のようにスイングが安定していない人に起こりやすい症状です。

ゴルフ肘の症状

なお、ゴルフ肘の症状についてですが、初期症状のときには肘部分だけが痛みを感じる、ボールを打つときや打ちっぱなしなどでの練習後に痛みが生じるケースが多いようです。

さらに、炎症を引き起こすことからも肘を触ると腫れているなどの症状もありますし、腫れている部分が熱を持っているなど熱感も症状として現れることも珍しくありません。

ゴルフ肘にお困りの方は当院にお任せ下さい

ゴルフ肘は特別なケアや治療をせずにそのままにしていると症状が進行し、日常生活で重い荷物を持つことや手首を捻るなどの動作で痛みを伴うようになります。他の靭帯を同時に損傷していたというケースも意外と多く存在するため、自己判断せず当院にお越しください。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する
Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook