足の対応症状

2022.06.17

ゴルフ肘について

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 肘の内側が痛む
  • ゴルフのスイングで肘の内側が痛む
  • 肘の内側の出っ張りを押した時に痛みを感じる

その症状、ゴルフ肘かも知れません!陽ので接骨院にはゴルフ肘で悩まれている方々が、多く来院され改善しています。

これは内側上顆炎(ないそくじょうかえん)というスポーツ障害で、ゴルフ肘とも呼ばれ、肘の使いすぎによって起こる疾患です。また、テニスのプレー中にも発生することがあり、フォアハンドのときに肘関節の内側に痛みの症状が出るのが特徴です。

ゴルフ肘の原因

原因としては肩から肘にかけての筋肉や肘から手首にかけての筋肉を使いすぎてしまい、疲労が溜まり炎症を起こしてしまいます。

また、40〜50代の男性に多く、加齢に伴い筋力低下や腱が硬くなることで炎症が起こりやすくなると言われています。

当院の治療方法

当院ではゴルフ肘に対してこんな治療を行なっています!

  • 深部の筋肉まで届く特殊な電気治療
  • 体の使い方の検査+指導
  • 痛めた筋肉を手技で緩める治療
  • 普段の身体の使い方を見させて頂いた上での正しい使い方、自宅でできるストレッチの指導

以上の治療を行う事により、症状は緩和されてきます。ゴルフ肘を放置せず、お悩みの方は是非一度当院にご相談ください。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する
2022.06.17

肉離れについて

肉離れの原因と症状

肉離れとは、筋肉の一部が断裂した状態のことを指します。

原因について

多くはスポーツでの、急なダッシュやジャンプで起こります。その他には準備運動が不足している状態でスポーツをすることでも起こります。具体的には、子供の運動会で急に走った、何年も運動していないのにいきなり運動したなどが多くみられます。

学生では、反復動作が続き筋肉が疲労し回復が間に合わない状態で更に負荷が掛かることで肉離れを起こすこともあります。

症状について

肉離れにも程度があり、酷い筋肉痛かもしれないと放っておくと後々重度の肉離れに繋がることもあるので要注意です。

症状としては、以下の症状が挙げられます。

  • 局所の強い痛み
  • 触ると凹みがある
  • 内出血がある

当院の治療方法

当院では

  • 痛めている周りの筋肉を緩める施術
  • 関節の可動域を広げていく施術
  • 筋膜の治療

を行うことで症状の改善に導きます。

放っておかずに早期から治療することで、再発を防ぐこともできます。お悩みの方は是非一度当院にご相談ください!

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する
2022.06.17

捻挫について

捻挫の原因と症状

捻挫とは、身体の関節を構成している靭帯・軟骨・関節包などが損傷してしまうことです。

原因について

捻挫のきっかけはスポーツ、日常生活、交通事故などで関節に衝撃や捻れなどの無理な力が加わることにより起こってしまいます。

足や手関節・肩・膝など全身で起こり、突き指も捻挫の一種となります。捻挫の中でもスポーツ時ジャンプの着地で人の足の上に乗ってしまったり、階段の踏み外しで起こってしまうなどの足首を内側に捻ってしまう捻挫(内反捻挫)が多くみられます。

症状について

主な症状としては以下の症状が見られます。

  • 患部の腫れ
  • 痛み
  • 皮下出血
  • 熱感

当院の治療方法

当院では捻挫に対して、

  • 患部まわりの筋肉を緩める
  • 疼痛緩和の電気
  • 運動指導

などの治療法を行い症状の改善を促していきます。

捻挫は放置していても改善はされません。適切な処置を行わなかったりそのままにしてしまうと症状が悪化してしまう場合もあります。

お困りの方は是非一度当院へご相談ください!

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する
2021.12.02

アキレス腱炎について

アキレス腱炎とは、ふくらはぎの筋肉の腱に相当するアキレス腱に炎症が生じたことを指します。

放っておくと悪化し歩行が難しくなることにもつながるため、よく聞く炎症のひとつではありますがしっかりとした対処が必要な炎症でもあります。

 

アキレス腱炎の原因

原因は明確で、過負荷の運動からくる痛みです。長時間のウォーキングはもちろんこと、間違ったフォームのままの長距離走や負荷がかかりやすい態勢でのサイクリングなどが代表的です。

普段あまり運動をしない人が前準備なしでいきなり各種運動をしはじめるとアキレス腱炎になりやすいとも言われています。

 

アキレス腱炎の症状

アキレス腱炎の症状については、まず強い運動負荷が長時間続いた際に生じやすくなるのが特徴です。

アキレス腱炎の痛みの箇所は、かかとのまわりの痛みが代表的です。圧迫されるような痛みが続くようなら炎症を起こしているでしょう。

さらにひどくなると腫れや熱をもち始めるため、できるだけ早期に治療をするのが良いでしょう。また、運動をした翌日の朝にかかとの痛みや動かしにくさを感じる人がアキレス腱炎になっているケースも多く認められています。

 

アキレス腱炎でお悩みでしたら当院へお任せください!

当院では、きちんと原因を追求してから施術を致します。ご不明な点や不安な点などございましたら、お気軽にご相談ください。

症状が気になりだしたら、なるべく早めに適切な対応を考えましょう!アキレス腱炎でお悩みでしたら、当院へお任せください!

 

2021.12.02

シンスプリントについて

シンスプリントは、すねの骨である脛骨(けいこつ)の周囲にある骨膜が炎症を起こした状態のことを指します。脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)とも呼ばれるスポーツ障害の一種です。

シンスプリントの原因

直接的な原因はオーバーユース(使いすぎ)で、走る・飛ぶといった激しい運動を繰り返し行っていると発症リスクが高まります。

中・長距離ランナーやサッカー選手、バスケットボール選手などに多く見られる症状で、特に急激なハードトレーニングを始めた際に起こりやすいため、シーズン初めや新人選手が発症するケースが多いです。

オーバーユース以外にも、誤ったランニングフォームや硬い路面でのトレーニング、扁平足や回内足などの衝撃を受けやすい足形状といった要因も発症リスクを高めます。

 

シンスプリントの症状

また、初期段階においては運動後にすねの前方内側に鈍痛を感じる程度ですが、症状が悪化すると走行時やジャンプ時にも痛みを感じるようになります。

多くの場合、患部を指で押すと痛みが強くなるのが特徴で、腫れや熱感を伴うケースも少なくありません。

シンスプリントの症状が悪化した場合は、安静時にも痛みが生じて歩行困難に陥る恐れがあるので、発症が疑われる場合は早めに適切な処置を受けることが重要です。

 

シンスプリントでお悩みでしたら当院へお任せください!

シンスプリントは、ご自身によるマッサージで対処すれば一時的に楽になるかもしれませんが、それでは再発予防にはなりません。また、自己対処によって悪化することも考えられます。

症状を決して軽視せず、まずはご相談ください。

シンスプリントでお悩みでしたら、当院へお任せください!皆様のご来院お待ちしております。

 

2021.11.24

変形性関節症について

こんなお悩みありませんか?

変形性関節症膝の痛みの原因として主なものに、変形性関節症があります。

膝を支える関節が変形すると、

  • 膝がまっすぐ伸びず、安定しない
  • 正座ができない
  • 膝の裏に腫れや痛みを感じる

…などの症状があらわれます。

変形性関節症の原因

膝関節は、クッションの役割を果たす半月版となめらかな関節軟骨によって支えられています。ここで軟骨が何らかの原因ですり減ることによって関節が変形し、変形性関節症となるのです。関節や軟骨がすり減ると炎症が起こり、膝に水がたまったり痛みがあらわれたりします。症状が進行すると膝全体が水で腫れるケースもあるので、早めの治療が必要です。

膝の痛みの治療には、段階ごとのアプローチが必要

膝の痛みの治療|落合・高田馬場・大久保このような症状を改善するには、段階ごとの適切な対応が必要です。

  1. 痛みが出ている場合は、まず炎症をとる
  2. 硬くなった筋肉をほぐして可動域を広げ、症状改善までの基礎を作る
  3. 背骨・骨盤・下半身のゆがみを整え、周辺の筋肉を正しい位置に調整する
  4. 膝の筋肉や靭帯、関節にかかる負担を減らしていく

 

変形性関節症は特に炎症による痛みがあるため、痛みをとる治療を行います。痛みをとったあとは、ストレッチで可動域を広げ、曲げ伸ばしなどの動作ができるような状態にしていきます。

関節への負担を軽減するため、当院では無理のない程度で運動もおすすめしています。このように症状を改善して再発を防ぐことが、膝の痛み改善や変形性関節症の根本的治療につながります。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する

北新宿の陽ので接骨院 基本情報

院名 陽ので接骨院
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿4ー8ー21関元ビル1F
電話 03-6908-8660
2017.12.08

膝の痛みについて

こんな悩みありませんか?

膝に痛みや不調を抱えている方

膝の痛み|陽ので接骨院私たちの身体を支えるうえで重要な役割を持つ膝。曲げたり伸ばしたりなど、日常生活の動作で必要となる膝は、身体のなかでも特にトラブルが多い部位の一つだと言われています。

膝のトラブルが増えると、

  • 膝がぐらつき力が入らない感覚がある
  • 階段の上り下りが辛い
  • 立ち上がるときに痛みがでる
  • 痛みで正座ができない
  • 歩いているときに痛身を感じる

…など、さまざまな症状やお悩みがあらわれます。

最初のうちは軽い程度でも、場合によっては日常生活が不便になるほどに症状が進行することもあります。

膝の痛みの原因

膝の痛み|陽ので接骨院

  • 変形性膝関節症
  • 関節リウマチ
  • 膝の炎症
  • 半月版・靭帯の損傷

などが、膝痛の主な原因だとされています。

そのほかにも成長期のスポーツに加え、身体のゆがみや体重変化によって膝の痛みが起こるケースもあります。いずれにしても、膝に負担がかかることで痛みや違和感が生まれ、症状があらわれるようになります。

膝の痛み|陽ので接骨院

痛みの少ないソフトな施術をいたします

日常生活に支障をきたす、脚のトラブル。陽ので接骨院では皆さまが再び快適な生活を送れるよう、カウンセリングから治療、アフターケアまでしっかりとサポートさせて頂きます!膝の痛みがありましたら、ぜひ一度当院にご相談下さい。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する

北新宿の陽ので接骨院 基本情報

院名 陽ので接骨院
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿4ー8ー21関元ビル1F
電話 03-6908-8660
BLOG Facebook