腰・背中のトラブル

陽ので接骨院の腰痛治療

腰痛治療|落合・高田馬場・大久保わずかの動きで強い痛みが生じる腰痛に対しては、患者様への負担を抑えた丁寧な治療が不可欠です。腰痛といってもその症状や原因は様々です。そこで当院では、患者様の身体の状態を見極めながら、症状に合わせて手技療法と物理療法(専門的な治療機器による治療)を駆使しながら症状改善を目指します。

最近では、痛みの改善を図るために筋膜組織にアプローチしていく方法も主流になってきました。筋膜とは人の身体を包み込んでいる風船のような膜です。ここにアプローチすることで、筋肉の癒着を取り除くことができます。筋肉の癒着は可動域の減少や痛みなどの症状の原因となるので、早めの改善が必要です。

陽ので接骨院の治療は痛みをとるだけではありません。

痛みが出てしまった原因は必ずどこかに存在します。腰痛の場合、身体のバランスが悪く骨格が崩れていることが多いため、必要に応じて骨格矯正(猫背矯正・骨盤矯正)を行いながら正常な状態に戻していきます。

正しい骨格を身体に身につけさせることで、腰痛の再発防止に繋がります。陽ので接骨院ではこのような腰のトラブルへの治療を得意としていますので、心当たりのある方は是非お気軽にご相談くださいね!患者様一人ひとりの症状を的確に見極め、スムーズな症状へのサポートをさせて頂きます。

腰痛・背中の痛み

もはや日本人にとっての国民病と言われるほどに、多くの方が腰痛や背中の痛みで悩んでいます。腰痛と一口に言っても、種類や症状はさまざまなものがあります。私たちにとって身近な腰痛の例としては、「慢性的な腰痛」「ぎっくり腰」「坐骨神経痛」「椎間板ヘルニア」があります。

慢性的な腰痛

腰痛治療|落合・高田馬場・大久保日常的に、腰に重く鈍い痛みがあるタイプの腰痛です。若い方から高齢者の方まで幅広い年齢層の方に起こりやすい症状だと言えます。

  • デスクワークや立ち仕事が多く、日常的に腰痛がある
  • 腰から背中にかけて、こわばりや違和感がある
  • 朝起きると腰に痛みを感じる
  • 特定の動作をとるときに痛みを感じることがある

このようなタイプの腰痛・背中の痛みは、疲労による筋肉の緊張が原因となっているケースが多いです。

腰の周辺には脊柱起立筋・腰方形筋・腸腰筋があり、これらの筋肉はお互いに支え合ってバランスを保っていますが、疲労によってこれらの筋肉が緊張すると、そのバランスを上手に保てなくなります。それによって血行不良が起こるために老廃物が体内に蓄積し、さらに背骨や骨盤がゆがんで筋肉に負担がかかり、結果的に腰痛が引き起こされてしまうのです。

このような慢性的な腰痛を解消するには、まず筋肉の緊張を緩めて血行を改善し、それから身体のバランスを正常に戻す必要があります。マッサージや注射や痛み止めは一時的な解決にはつながりますが、根本的な症状改善が期待できるものではありません。症状改善と再発防止を目指すには、腰痛の原因にアプローチした治療が不可欠です。

ぎっくり腰

ぎっくり腰|落合・高田馬場・大久保「腰部捻挫」「急性腰痛症」とも言われるぎっくり腰は、急性的に強い痛みが表れるタイプの腰痛です。

  • 咳やくしゃみなど、ちょっとした動作で強い痛みが走る
  • 怖くて腰を後ろに反らせないそらすと痛い
  • マッサージを受けたら症状が悪化した
  • 痛みが強く、腰をかばっていないと動けない

ぎっくり腰は日常生活に支障をきたすレベルの症状に悩むことになります。また、ぎっくり腰は再発しやすい傾向にあるため、解消するには普段からの生活を細かく調べたうえでの治療が必要となります。

ぎっくり腰は腰痛のなかでは急性的なタイプに分類されますが、慢性的な腰痛が原因で引き起こされるケースも少なくありません。日常的に腰に負担をかけている方はぎっくり腰になりやすいので、注意が必要です。

例えばデスクワークや立ち仕事をされている方は、ぎっくり腰になりやすいと言われています。特にデスクワークは一見腰に負担をかけないように見えますが、長時間座っていると上半身の体重が腰にかかり続け、血液の循環を悪化させてしまうことがあります。そのため、ぎっくり腰の根本的な症状改善を目指すには、普段からの姿勢や生活を見直すことが大事です。

ぎっくり腰は再発しやすい症状であることから、日常生活で腰に負担をかけるような動作をしていないかを確かめ、一つひとつ改善する必要があります。当院でもぎっくり腰の治療はもちろん、再発防止を見据えたサポートもさせて頂きますので、是非一度ご相談下さい。

坐骨神経痛

坐骨神経痛|落合・高田馬場・大久保坐骨神経痛とは、腰痛の症状に加え、足やお尻にかけての痺れを伴う症状です。

  • お尻から太ももにかけて痺れる
  • 腰痛と併発した「しびれ」がある
  • 足先も痛くなってくる
  • 脚全体が麻痺したような感覚になる

痛みと同時に痺れもあらわれる坐骨神経痛は、決して軽視してはいけない症状です。

坐骨神経とは腰椎と仙骨から出た神経が合わさったもので、臀部からふくらはぎ、足の裏までつながっています。下肢の皮膚感覚と足のバランスを支えるうえでとても大切な神経ですが、ここに異変が生じると坐骨神経痛の症状を引き起こします。

坐骨神経痛の原因自体はまだ明らかにされていませんが、メカニズムとしては骨盤や背骨のゆがみが坐骨神経を圧迫するために起こると言われています。また、腰痛と併発する症状でもあることから、腰痛の原因も調べながら治療を進めます。

当院では、背骨と骨盤のゆがみを戻して周りの筋肉の緊張を和らげることによって、坐骨神経痛の症状を改善していきます。また、坐骨神経痛は臀部にある梨状筋のこわばりによっても起こるので、それに対するアプローチもしていきます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア|落合・高田馬場・大久保脊椎同士のクッションとして機能する椎間板が飛び出した状態を、椎間板ヘルニアと言います。

  • 立っていられないほどに腰が痛い
  • 前かがみの状態になると腰が痛くなる
  • 歩くことさえ辛く、足に力が入らない
  • 激しい痛みと痺れを感じる

激しい痛みや痺れにより歩行困難になることもある椎間板ヘルニア。その原因は、加齢と腰への負担が多いとされています。これらの原因によって椎間板組織がダメージを受けて外に飛び出し、神経を圧迫した結果、炎症や血流障害などの症状があらわれます。このような椎間板ヘルニアの症状を緩和するためには、慎重なチェックと治療を徹底する必要があります。

どの症状でも、状態が悪化してしまと生活に支障をきたすほどの重度の痛みに変わってきます。早めにご相談頂き、治療できるようにしましょう。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する

北新宿の陽ので接骨院 基本情報

院名 陽ので接骨院
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿4ー8ー21関元ビル1F
電話 03-6908-8660
Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook