腰部椎間板ヘルニアについて

ヘルニアとは、体内から臓器の一部が本来あるべき場所から『脱出・突出』した状態の事を言います。椎間板とは頸部から腰部にかけての背骨と背骨の間にあるゲル状のクッションで、その一部に圧力が加わり髄核が飛び出している状態の事を指し、この状態が腰部に起きている事が腰部椎間板ヘルニアと言われます。

腰部椎間板ヘルニアの原因

日本では三人に一人はヘルニアを持っていると言われており、椎間板の突出している方向によって脊髄または神経根が圧迫され炎症を起こし、痛みや坐骨神経痛を併発し痺れなどの症状が出現します。

圧迫されている場所によって症状が出る部位が変わり、一般的には日頃から慢性的な負荷が椎間板へと掛かかり線維が断裂し起きるので、複数箇所で発生したり年齢を問わず発症する可能性があります。
骨盤の傾きや、自律神経の疲れ、栄養不良から体の修復能力が落ち、突出している椎間板が修復されず神経根の炎症が治らない為、日頃の栄養改善は必須となります。

腰部椎間板ヘルニアでお悩みなら当院にお任せください

痛みが出ているところが必ずしも痛みの原因とは限りません。当院では、骨格のバランスをはじめ、全身の筋肉・骨・神経にアプローチしながら局所の症状を改善していく手法を取り入れています。
一人で痛みを我慢せずにお気軽に陽ので接骨院 北新宿院にご相談ください。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する

北新宿の陽ので接骨院 基本情報

院名 陽ので接骨院
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿4ー8ー21関元ビル1F
電話 03-6908-8660
Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook