腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は、中高年に多くみられる病気です。年齢を重ねるにつれて老化が進み、腰痛の原因を作ります。

腰部脊柱管狭窄症の原因

 腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管という神経や動脈が通るトンネルのような部位のことであり、加齢や骨への負荷により脊柱管が狭くなり神経が圧迫されシビレや痛みといった症状が出てきます。

痛みの大部分の原因は、柔軟性の低下や骨の捻れですが大事なのは、なぜ、腰の痛みがひどくなり、脊柱管狭窄症になる人とならない人がいるのかを考えることです。
それには、日頃からの体の姿勢や定期的な体のケアが不足していたりと様々な要因がありますが、そこをしっかり考えて治療しなければどんどん症状が悪化してしまい、狭窄症の場合は、長い距離を歩くことが困難となってしまいます。なので、痛みがひどくなる前に治療することが大事となります。

腰部脊柱管狭窄症でお悩みなら当院にお任せ下さい

 腰の周りには、背骨、骨盤、股関節と多くの関節や筋肉に囲まれているため、腰以外の損傷や骨の捻れ、筋緊張であっても十分に悪影響を受けてしまうので、腰だけでなく周りの骨の捻れや筋肉の緊張も治療する必要があります。そのため、当院では全身のバランスを診て施術を行っております。 他の治療院では良くならなかったという方も、陽ので接骨院 北新宿院にご相談ください。

陽ので接骨院北新宿

0369088660 電話で相談する0369088660 電話で相談する

北新宿の陽ので接骨院 基本情報

院名 陽ので接骨院
住所 〒169-0074
東京都新宿区北新宿4ー8ー21関元ビル1F
電話 03-6908-8660
Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook