ブログ

2020.07.27

胸郭出口症候群に対する当院の治療方針

こんな症状に悩んでいませんか?

・腕や手の痺れる

・手先が冷たくなる

・肩や腕がだるい

・手に力が入りにくい

 

当院には、胸郭出口症候群でお悩みの方が多く来院されて、

改善している事例が数多くあります。

 

胸郭出口症候群は放っておくと、

手の痺れるが酷くなり、日常的に支障がでることがあり注意が必要です。

 

胸郭出口症候群でお悩みの方は、

一人で悩まずにぜひ一度当院まで気軽にご相談ください。

 

胸郭出口症候群に対してどのような処置をしてきましたか?

整形外科では、湿布薬の処方安静にするように言われることが多いです。

接骨院では、肩首まわりのマッサージ電気治療ストレッチが一般的な施術になります。

 

当院での胸郭出口症候群に対するアプローチ

胸郭出口症候群は鎖骨の下に通る神経や血管を

圧迫されて症状が出てくると言われています。

 

猫背や背骨の丸まりが強くなると、圧迫が強くなり症状が強くなります。

陽ので接骨院北新宿院では、『全身を診て、局所を治す。』を大切にしています。

 

そのため、股関節や骨盤、背骨からアプローチして関節の動きを出していくことにより、

猫背や脊骨の動きを改善していくと圧迫が軽減していきます。

 

そして、人のからだは筋膜で全身が繋がっています。

腹部や下肢などからアプローチすることで、痛みなく改善していくことが多いです。

 

もしあなたが胸郭出口症候群でお悩みなら、

1人で悩まずにぜひ一度当院までご相談ください。

 

 

 

 

Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook