ブログ

2019.03.17

治療後の不調について

陽ので接骨院 北新宿院の鈴木です!

今週は僕が皆様にお伝えしていきまーす!

 

マッサージを受けたことがある人なら一度は体験したことがある揉み返し】

今回は揉み返しについて徹底追及ていきます!

 

そもそも揉み返しとは、"施術後に現れる筋肉痛のような痛み"とされています。

 

揉み返しが起きる原因として強く揉みすぎるというのをよくお聞きしますが、間違いではないけど正しくもありません。

正しくは、筋肉が硬くなると柔軟性がなくなってしまい少しの刺激でもダメージを受けやすくなっているためです。

 

ここでポイントなのは刺激の強さは関係ないということです。

弱い刺激だとしても、それにより筋肉が十分にほぐれていない部分と筋肉がほぐれて血行が良くなっている部分の差が出てしまうことでだるい、重いと感じることもあります。

 

 

最後に揉み返しの種類についてお伝えします!

揉み返しには以下の2種類があります。

 

①良い揉み返し(好転反応 )

マッサージ後に現れる揉み返しのような症状ですが、症状が改善される前に起こる一時的な痛みや不快感です。

2~3日で楽になります。

また、体の血行が急に良くなることでだるい感じやのぼせたようになることもあります。

 

②悪い揉み返し

筋肉が刺激に耐えられず、損傷してしまい炎症を起こしている状態です。

痛みや重さが1週間程続いたり、悪化することもあります。

 

 

治療後に何か不調があったり、疑問に思うことがあればいつでも相談して下さい!

お待ちしております!

Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook