脊柱管狭窄症について

中年または年齢が高い男性に特に患者が多い脊柱管狭窄症は、背骨の位置が元来よりもずれてしまう上にずれてしまった骨によって本来であれば触れ合う事が無い組織同士が触れ合ってしまい、強い痛みや違和感を伴うのが原因と症状の特徴です。

また、人体は各組織が僅かな隙間を用いてそれぞれが触れ合わない仕組みになっているため、脊柱管狭窄症になると神経に限らず血管に至るまで物理的に負担がかかってしまいます。そのため、血管が圧を受けてこれまでよりも細くなってしまっている事で循環する血液の量も減少して痺れが感じやすくなります。

今までは難なく歩く事ができていた短い距離であっても、行き届く血液の量が少なくなった事が関係してすぐに痺れを感じてしまい、高い頻度で休憩をする必要に迫られます。

脊柱管狭窄症の原因と症状

原因と症状の特性上、直立している時には痛みなどが強く感じられるものの座ると楽になりますし、カートなどを押しながら前傾姿勢で歩けば違和感を覚えずに歩けます。

そして、原因と症状が骨のみに限らず神経などについても合わせて目を向けなければならない様子からレントゲンだけではなく、CTもしくはMRIなどを駆使して検査を進めていき、保存療法または手術などで回復を目指します。

脊柱管狭窄症は当院へお任せください

脊柱管狭窄症でお悩みでしたら、ぜひ当院へお任せください。患者様お一人お一人の抱える悩みにまっすぐ向き合い、回復に向けて全力でサポート致します。まずは当院へお気軽にご相談ください。お待ちしています。

Tel.03-6908-8660Mail
一番上に戻る
BLOG Facebook